低身長・夜尿症 外来

こども

低身長」と「夜尿症」は身体に害が無いため放置されやすい症状ですが、ホルモンの分泌低下など病気が発見される場合もあります。
「いずれ良くなるだろう」と放置せず、心配になったら当院にて受診することをおすすめします。

  • 低身長について
  • 夜尿症について

低身長

低身長とは

家族

両親の身長が低いとか、周りと比べて少し背が低い程度ならば低身長の心配はありません。
しかし、中には染色体の異常・成長ホルモンの異常・骨の異常などが原因で起こる低身長症(成長障害)もあります。
低身長症かそうでないかはお子様の身長が、同じ年齢の平均身長とどの程度離れているか、標準偏差表を見て判断します。

低身長の基準

成長曲線で使われるSDというのは、標準偏差(Standerd Deviation)の略で、平均からどのくらい離れているかを表します。
身長の場合には、-2SD、-1SDといった表現をし、マイナス数値が大きくなるほど低身長です。
医学的には、-2SD以下を低身長と考えて検査の対象となります。
-2SDというのは同年齢の子供100人中、2~3人くらいの割合です。低身長にはさまざまな要因が考えられますので、なるべく早期の発見が大切です。

低身長の目安

低身長の分類

治療可能な低身長
1. 成長ホルモン分泌不全性低身長
成長ホルモンの分泌が悪く背が伸びない低身長児。
2. ターナー症候群
X染色体のみの異常で、女性だけに起こる疾病。
3. 軟骨異栄養症
長幹骨が化骨しない全身的な骨系統疾患。
4. プラーダー・ヴィリ症候群
15番染色体の異常から引き起こされる遺伝病。
5. 甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンの不足によって起こる低身長。
6. 慢性腎不全
腎臓が正常に機能せず、尿による体内の不純物を排泄するサイクルに悪影響が出て体内に有害物質が溜まり、発育を妨げます。
7. 愛情遮断性低身長
虐待など、心理的な要因で低身長をきたすことがあります。
治療不可能な低身長
1. 家族性低身長
遺伝的なもの。両親の背が低い場合、子どもも背が低くなる可能性があります。
2. 胎内発育不全性低身長
子宮内胎児発育遅延での低身長となる可能性があります。
3. 思春期が普通より遅いための低身長
高校生くらいで急に背が伸びて最終的には追いつくことが多い。

低身長の治療

治療が可能と判断された場合は以下の治療が行われます。

合成ヒト成長ホルモン剤 治療の対象は、成長ホルモン分泌不全性低身長、ターナー症候群、プラダーウィリー症候群、慢性腎不全による低身長です。ただし骨端線がまだ閉鎖していないことが重要で、骨端線が閉鎖してしまうと背は伸びません。また、成長ホルモン治療には厳しい適応条件があります。
甲状腺ホルモン 甲状腺機能低下症による低身長には、甲状腺ホルモンを補う治療を行います。
その他 愛情遮断症候群では、家族関係、特に母子関係の改善が治療の基本です。低栄養による低身長では、栄養状態を改善することにより身長の伸びが改善されます。

保護者の方へ


夜尿症

夜尿症について

こども

おねしょは通常、排尿器官の成長、抗利尿ホルモンの正常な分泌など、身体の成長にともない解消されます。
しかし、5歳以上の子が月に何度も"おねしょ"をしてしまうことを「夜尿症」といいます。
夜尿症は身体に害が無いため、「いずれ治るだろう」と放置されやすいですが、子供自身のストレスや自信喪失につながることもありますので治療や適切な対策で解消することが望ましいです。

夜尿症の原因

夜尿症は、お子様の症状により「多尿型」「膀胱型」「混合型」の3つのタイプに判断できます。

1. 多尿型(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)
夜間尿量が多いタイプで、抗利尿ホルモン(主に夜間分泌されるホルモンで、尿を濃くして量を減らす働きがあります)分泌不良か、習慣的に水分や塩分を摂りすぎているのが原因です。
2. 膀胱型(不安定膀胱)
夜尿症の子どもの中には、膀胱の機能が未発達で、膀胱のためが小さいことがあります。また、寝る前に排尿しても全部出せずに残尿が残る場合もあります。
3. 混合型
多尿型・膀胱型が合わさった状態で、より重い症状といえます。

夜尿症の検査

問診 幼児期のおねしょの状態、身長体重、食生活や就寝時間など生活習慣などをお聞きします。
夜間尿量の測定 あらかじめ重さを量ったオムツを着用して寝ていただき、朝ぬれたオムツの重さを量り夜尿の量を測定します。その後、トイレで採尿して量を測ります。尿量を計測することにより抗利尿ホルモンの分泌の低下を調べます。

夜尿症の治療

生活習慣の改善指導

夜尿症のお子様の2割~3割は生活習慣を見直すことで改善します。

1. 多尿型(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)
水分と塩分量の摂取量や摂取時間の指導
2. 膀胱型(不安定膀胱)
膀胱容量を増大させるため、おしっこを我慢させる訓練などの排尿訓練
3. 混合型
多尿型と膀胱型、両方の指導を行う。
4. その他
早寝早起きをすること、湯船にゆっくり入ってお腹を暖めること、就寝前に排尿する習慣を付けること
薬による治療

それぞれの病態に合わせ、薬を使用します。

1. 多尿型(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)
「抗利尿ホルモン] 腎臓の尿細管や集合管に作用して、水の再吸収を促進します。
2. 膀胱型(不安定膀胱)
「三環系抗うつ剤] 睡眠を浅く、尿意覚醒を促進する効果と、排尿間隔伸ばさせる作用。 
「抗コリン剤] 膀胱の緊張をゆるめて、膀胱容量を増加させる効果。
3. 混合型
多尿型・膀胱型の薬を併用使用
夜間アラーム療法

就寝時に特別な機器を使い、夜尿をコントロールします。

2. 膀胱型(不安定膀胱)
膀胱型で難治性であれば、アラーム療法を行います。夜尿時に、起きない程度の警報音鳴らし、無意識のうちに排尿を抑制させる療法です。

保護者の方へ

web予約
※電話予約は診療時間内でお願いします。
Web予約は24時間受付です。
※新患の方、午後の専門外来受診希望の方はお電話での予約となります。

キッズ★クリニック ありす
外観
〒509-0202
岐阜県可児市中恵土2359-634
TEL/0574-61-5001
MAIL/info@kidsclinic-alice.com

Growthhormone

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう